人気の低反発マットレスのメリットとデメリット


最近の人気寝具の一つとして低反発マットレスがあります。低反発マットレスとはその名の通り低反発の性質を持ったマットレスのことです。特徴は反発する力が低いため押されるとその力で沈みこみ、なかなか戻らないという性質です。そのため体感としては柔らかく感じます。それが人気の高さの理由なのですが、実はこの低反発マットレスにはメリットと同時にデメリットもあります。


pros

まずメリットですが、これは先程述べた低反発の特性の柔らかさです。寝具として大事なのは寝心地です。低反発マットレスは横になると、そのままの形でマットが沈みこみます。その柔らかさが気持ちよく、寝やすく感じる方が多くいらっしゃいます。


cons

次にデメリットですが、このマットレスで寝ると寝始めの体制のままマットが沈みこみ、そのまま戻らないため寝返りがしにくくなってしまいます。人は寝ている最中、無意識に何度も寝返りをします。この寝返りによって寝具に当たる部分を変え、一ヶ所にかかる体圧を分散させているのです。しかし、寝返りができないとなると体圧を分散させることができなくなります。限られた部分だけに負担がかかり、翌朝起きるとその部分に痛みがあるということもあります。一度や二度の就寝では痛みはないかもしれませんが、この状態を毎晩続けていると負担がかかっていた部分が痛くなってくる可能性があります。特に、腰痛持ちの方の場合、仰向けに寝ると腰の部分が沈み込んだままになります。すると、腰痛が改善されず逆に悪化する場合もあります。

このように低反発マットレスにはメリットとデメリットがあります。しかし、使い心地は人によって違います。この柔らかさがいいと言う方もいれば、柔らか過ぎて苦手という方もいます。最近では、この低反発マットレスと逆の性質を持った高反発マットレスも出ています。こちらは反発力が高く、横になってもマットが沈みこみ過ぎないという特徴があります。しかし、やはりこちらにもメリットとデメリットはあります。ですから、もし購入をお考えになっているのなら人気かどうかは気にせず、一度店舗に行って実際に体感してみることをおすすめします。